2019

Shunsuke Kasuga

Nomura Securities Co., Ltd.

Shunsuke Kasuga joined Nomura Securities in 1998 and experienced quantitative analyst, fund analyst and consultant in Financial research center. From 2004-2006, He was a senior researcher at the Research Institute for Policies on Pension & Aging. From 2006-2009, He was a senior quantitative analyst at Nomura Hong Kong. Currently he is mainly engaged in investment consulting on Japanese public pension funds and research on pension fund management. He received his Doctor of Science from the University of Tokyo.

春日 俊介(かすが しゅんすけ)
野村證券株式会社
フィデューシャリー・サービス研究センター
フィデューシャリー・マネジメント部
エグゼクティブ・コンサルタント

1998年 野村證券株式会社入社。金融研究所投資技術研究部でクオンツアナリスト、ファンドアナリスト、コンサルタントを経験。その後、2004-2006年 年金資金運用研究センター(現 年金シニアプラン総合研究機構)研究部主任研究員、2006-2009年 野村香港アジアリサーチ部門シニアクオンツアナリストを経て2009年10月より現職。現在は主に公的年金の運用コンサルティングおよび年金運用に関するリサーチを行う。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。